コーディネート

R A Y

  • 日付

    2016-01

  • 場所

    東京都文京区

  • 業務内容

    トータルコーディネート

  • 担当デザイナー

    仲野 俊生

REISM meets Rigna

優しさ感じるノルディックインダストリアル。

まるで光のトンネル、吸い込まれるかのような細長い1R。
床・壁・天井全てが明るいカラーリングで構成された空間に落とし込んだのは、 パイン古材やオーク材などの明るめで味のある、”木の表情”がしっかりあらわれたアイテムたち。 アイアンが混ざることで輪郭もはっきり出ます。
ブルーグレーとブラック、木目をツブシたチェアを合わせて北欧テイストをブレンド。 古材やオークとの相性も抜群です。
ブランケットにあしらわれたパープルやピンクと、 午前の光に煌めくグリーンがなんとも鮮やかで爽やか。
それでも天井を見上げればそこには配管が走っているし、 壁面はよく見るとコンクリートの素地感たっぷり。
そんなギャップも白い光がすべて溶かしてしまうのでしょうね。

さぁ、春だぞ。

>> white wind in my ROOM

>> came from the NORTH

>> feel so good MORNING FOREST

>> image scene with HER

>>welcome to my little GARDEN

>> image scene with HER

>> I have a POWER STORAGE

>> actor gritter & matte

>> my favorite time 5 p.m. SUN DOWNER

>> change the world NIGHT SIDE

>> my favorite time 2 preparation of DINNER

>> edge of room SHADOW DANCER