コーディネート 設計

on the STONE

  • 日付

    2016-07

  • 場所

    山梨県河口湖町

  • 業務内容

    内外装フルリノベーション・トータルコーディネート

  • 担当デザイナー

    仲野 俊生

IDEA × Rigna

五感で楽しむグリーンリゾート

夏の風が走りぬけ、緑生い茂る季節を迎えた甲斐の国。
このプロジェクトが始まったのは去年の秋過ぎ、枯れ葉散りゆく冷たい時期でした。
駆け足で走りだした現場は、凍える冬を越え、暖かい春を迎え無事に完成の時を迎えました。

「 on the STONE / オン ザ ストーン 」

山梨県は河口湖町、大石という土地に計画されたペンションはそう名付けられました。
外観を眺めればそれは石垣の上に立ち、静かにそして厳かに、まるで胡座をかく親父のように厳格な印象を携えていたのです。
しかし建物としては劣化を訴え、「最近腰が痛むんだ」と言わんばかりの状態。
そこへ我々Rignaがフルリノベーションという形をもってコンセプトで骨を正し、設計により肉をつけ、インテリアコーディネートで華やかに、元気な姿に生まれ変わらせました。
元をたどれば国の保有施設「情報・システム研究機構 国立極地研究所 河口湖大石研究施設」と随分な肩書をお持ちの"塊"。
さぁ、そんな苔の生い茂る石の塊にRignaがどう手を加えたか。
ご賞味下さい、歴史を纏ったフルリノベーション空間。
癒やしは蘇り、再びここを訪れた人、そしてこれからここを訪れる人にワクワクとドキドキを。

ファサード

モルタルで塗り固めたハードボイルドな”カタマリ”のようなファサード

>> BEFORE & AFTER

昔ながらの真壁を意匠とした和風を感じさせるビフォー。
白と黒のモノトーン調だったファサードを見直し、外壁廻りをフラットに調整し、モルタルで仕上げて塊感を出しました。

中が一体どうなっているのか、クローズな雰囲気がワクワクを加速させます。

緑をくぐると現れる大扉

静かに佇む存在感と温かさ "WELCOME OUR HOME"

エントランス

外観とは裏腹に、明るく広がるブルックリンスタイルのロビー

>> BEFORE & AFTER

ビフォーのロビー空間はすべての照明をONにしてもこの照度。
まずは明るさの確保と素材感の調整を図りました。
時代を感じさせるツヤのあるフローリングは全てマットな無垢フローリングに張り替え。足の裏もサラサラとして心地よい。
建物に入ってまず目につくエントランスは、明るく賑やかにお出迎えしたいと考えました。

シンボリックなグラフィック

on the STONE とのファーストインプレッション。豊潤な宴のアイデアがここにあります

ホール

Healing of Life

>> BEFORE & AFTER

全体的にクラシックな装いのビフォー。
大きな窓を持ちながらも外部とは一線を引いた空間は少し”もったいない”といった印象。
吹き抜けた大空間は、活かせる下地はそのままに白く爽やかに仕上げ、外部とも緑や空気で繋がるようなイメージで造りこみました。

緑あふれる寛ぎの場

NO BORDER , 外のような中ー中のような外

>> hall - living

>> hall - living - REMBBASY - MANI sofa

>> hall - living & dining

ダイニング

空間を広く使い、素材と色で遊んだダイニング

>> hall - dining

>> hall - dining & counter

プレイルーム

ポーカーテーブルがドンと構える大人の遊技場

>> play room - RED & BLACK

キッチン

白く清潔感のあるダイナー風キッチン

>> BEFORE & AFTER

家庭用システムキッチンが2台並ぶキッチン。
ポテンシャルは高いため、中央にはカウンターを造作し、システムキッチンは”扉のみ”交換。本体はそのまま流用したのでコストも大きく抑えられました。

>> kitchen

和室

シックな色合いに照明が映えるジャパニーズモダン

>> BEFORE & AFTER

ザ・和室。
懐かしい匂いと肌触りが残るこの空間は、無くすには惜しいし、それでいてニュートラルな和室として手を加えやすい、といった印象がありました。
実際に変更を掛けたのは壁紙と天井仕上げ。畳は表替えに留め、リグナの家具を落とし込めばグレードアップした和室に仕上がります。

落ち着いた空気感、しっとりとしたモダン

Japanese Essence

>> TATAMI room - kotatsu

>> TATAMI room - Butterfly stool

ゲストルーム

ハードとソフト、遊びを持ったライトリゾート

>> BEFORE & AFTER

ひとつの空間に間仕切りを設けることは、”狭くなる”ということではなく、空間に”動きが出る”ということ。
素材もプラスできるし、空間のコントラストも調整できる。
ワンルームにはワンルームの楽しみ方があるものです。

素材、色。空間を作るアクセント

家具の張地一つ、扉の色一つ、小さな要素が大きな空間を構成する

>> guest room - sofa

>> guest room - accent color

レストルーム

白と白がつくる清潔感、カッコイイ白

>> rest room

ドアは、顔

その先の空間への期待値、並んだ時の美しさ。世界観を作るのは、ドア

>> doors

ミチシルベ

施設の案内役を務める各種サイン。言葉を発しない分、ファッショナブルに着飾ろう

>> sign

on the STONEという世界

陽が差し込み、風が吹き抜け、緑が揺れる。日が暮れるとともに語らい、唄おう。ありのままの開放感、それがon the STONE