コーディネート

H A R P E R

  • 日付

    2015-06

  • 場所

    東京都杉並区

  • 業務内容

    トータルコーディネート

  • 担当デザイナー

    仲野 俊生

>> LIGHT EDGE

REISM meets Rigna

赤茶の木とブリックタイルが渋い、ジャズとバーボンが似合うワンルーム。

まず一言。 渋い。 玄関から一歩足を踏み入れた瞬間にその渋さが伝わってきました。 艶感のある深い赤茶のフローリングと、マットなブリックタイルの質感による対比。 壁はシンプルに白い塗装だが、見上げるとスケルトン天井となっていて工業的なインパクト。 「かっこいいっすねぇ。。。」 光のコントラストを利用して、渋い空間を更にトーンダウン。 アイテムも派手なものよりも味わい深いレザーやウォールナットで合わせ、 なんともダンディーな仕上がりになりました。 普段は優しいグリーンも、ここではエッジの効いたアクセントとなっています。

>>Mr. LOW DINING

>>LOOSE TIME

>>FEELING OF LIFE

>>POINT